稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

あっと驚く、こんな大学生がいるというお話 その1

ニュース

あっと驚く、こんな大学生がいるというお話 その1
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

こんな学生がいるという話しを知り合いの教授から聞いた

トンデモ時間の始まりです

教授はゆっくりと話し始めた。。。

【生理学か常識か:最前列で弁当を食う男】

私は、20年近く一般選択科目で心理学を教えてきた教員だよ。
年間で平均1500人以上の履修者がいてね、いろいろな学生に出会ってきたよ。
また、心理カウンセラーである。
学生の相談もするし、病院勤務で多くの生と死にも出会ってきた。

カウンセラーには、共感的理解と無条件の肯定的関心という至上命令(?)がある。
教員には教育という至高の目的がある。
時として両者は対立せざるを得ない場合がある。
コウモリのように私はどちらの立場に立てばよいのか迷うことも多い。

私の視点や対応が教育的に正しいのか正しくないのか、
カウンセラーとしてアイデンティティを保てるのかどうかわからないことも多い。
もとより正解の無い問題かとも思う。

私の専門は心理学であり教育を専門とするわけではないが、
カウンセラー・教員・研究者の三つ巴の立場から、、
授業中に出会った、
トンデモ学生を紹介して、
意見を述べて見ようと思うよ。

きっと興味を持ってもらえんじゃないかな。

生理学か常識か:最前列で弁当を食う男

その日、私は心理学に必要な知識としての生理学を講じていた。
全血液量、血糖値、脱水症状などの人体標準値や恒常性の話をしているとき、中央最前列に一人で座っていた男子学生がカバンから何かを取り出し、包みをほどき始めた。

二段重ねの黒い物体だった。
典型的なお弁当である。
見つめる私と目が合った彼は、臆することなく箸を取り出して食べ始めた。


生理学モードにいた私は、とっさにこの学生は糖尿病か何かでたまたま朝食を取り損ね、低血糖発作を防止するために炭水化物などを摂取する必要があるのだろう、と思った。

緊急にカロリーの摂取を必要とする様々な病気が頭をよぎった。常々私は、朝食を取らないと血糖値が下がりすぎてブラックアウトすることがあるとか、
人体の60%は水分だ、
隣の人は半分以上水の入ったでかいペットボトルみたいなもんだ、脱水する前に水分の摂取は認めるぞ、
と公言していた。

少なくとも生理学の講義中に発作を起こした学生を供覧する気はなかった。

『それにしても最前列であまりにあからさますぎるぞ、周りの学生に迷惑だろ』、と教師心がささやき、ようやく私は彼に尋ねた。

「朝ご飯、食べてこなかったの? 何か、持病でもあるの?」

彼はきょとんとして答えた。
「いいえ、おなか減ったもんで」。単なる早ベン、それも最前列で、オレの眼前でだとぉ。
大事なお弁当を奪い取って投げつけてやりたかったが、さりげなく伝えた。
「退出して外で食べたまえ。いくら何でも教室最前列はまずいよ」。教師は我慢が肝心。

「そうですよね」
かれはそそくさとお弁当をしまって、ノートを広げた。

次回からは生理学より常識を優先させようと決心した。

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
1
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

カテゴリー

月別アーカイブ

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。