憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

あっと驚く、こんな大学生がいるというお話 その3

ニュース

あっと驚く、こんな大学生がいるというお話 その3
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

こんな学生がいるという話しを知り合いの教授から聞いた

トンデモ時間の始まりです

トンデモ話を語り始める教授

教授はゆっくりと話し始めた。。。

【保育士か大学教員か:うるさいのを注意されたその時、男子学生は!】

ある爽やかな日のことである。

学生たちは、気の合う仲間とともに席を取り講義を聴いていた。

5-6列目にひときわ仲の良さそうな6,7名の男女グループがあった。
3人ずつくらい前後して座っていた。

時間の半ばになって、
その中の大柄な一人がろくにノートも取らず盛んに後ろを振り向いて何か話しかけているのが、
非常に気に障ってきた。

「そこら辺の人、ちょっとうるさいよ」と私はグループに対して注意をし、
それとなく彼をいさめるように示唆した。
メンバーはそれを了解したようで、
一人騒がしい彼を無視し、
授業に集中しようとする様子がうかがわれた。

 私はそれで十分だと思って授業を続けたが、
賑やかな彼はますます一人で乗ってきてしまい、
大人しくなりそうもなかった。

「そこの人、静かにして」と直接注意しても収まらない。

依然としてうるさく、
横向きに座って完全に授業から遊離したと思われた時点で、
私は彼のもとに赴き、

「君はうるさいぞ。周りの人にも迷惑、授業の邪魔をしている。静かにしなさい」と厳しく言った。

 「どうだ」と言う気持ちでグループのメンバーを見てから、
教卓に戻った私は、
何ともいえない奇妙な視線を感じた。

彼は静かになった。
うつむいてじっとしている。

何かかが聞こえる。

うっう、とか、
くっくと聞こえる音声である。

「あーあ、やっちゃった」とグループの一員が囁いた。
音声は嗚咽だった。

奇妙な視線は非難の視線だった。

嗚咽+非難の視線+囁き=先生が泣かしちゃった! 
であった。

男子学生が泣いていた。

 しかし、
まもなく成人になろうかという図体の大きな男子学生が、
授業中の喧騒を叱責されてしくしくと泣くだろうか。

最初に私がグループに注意したときに、
友達は彼に積極的にうるさいとか静かにしろとは言わなかった。
あえて無視するだけだった。

仲のよいグループ員は知っていたのだ。
彼が叱責にきわめて弱く、
べそべそと泣いてしまうことを。

マジかよ。
あり得ないよ。
とほほであった!

非難の視線には明らかに
「先生、どうフォローすんのよ」
というニュアンスが込められていたのだ。

カウンセラーも教員も形無しである。
講義終了後、私は彼らのもとに赴いた。
男子学生はまだ涙ぐんでいる。

「あと、頼んだよ」
私はリーダーとおぼしき学生に言って逃げるように教室を出た。


『この見極めはロジカルには不可能だろう?』
研究者の私は嘆いた。

『保育士も取っておくかな…』
教員の私が囁いた。

『絶対に発達障害だ!』
カウンセラーの私は呟いた。


憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

カテゴリー

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう